2017年5月23日 更新

海外カジノでお得に遊べる!?「プレイヤーズカード」とは

海外のカジノ施設に行けば、お金をチップに交換して自由に遊ぶことができます。しかし、実は「プレイヤーズカード」を作ることで、よりお得にカジノで遊んだり、特典を受けることができるのです!ここでは、「プレイヤーズカード」についてご紹介します。

77 view お気に入り 0
 (2022)

マカオやラスベガスでは、どこのカジノ施設でも連日連夜盛り上がっています。
賭け事ができない日本人にとって、海外カジノは一度はまると抜け出せなくなるほどの異世界で魅力的な場所。

財布とパスポートをもっていけば、気軽に入って遊ぶことができるカジノですが、実はカジノ施設によって「専用カード」が存在し、カードを作ることでよりお得な特典を受けられることをご存知でしたか?

ここでは、「プレイヤーズカード」についてご紹介していきます。

プレイヤーズカードとは?

カジノ施設で作ることができる「プレイヤーズカード」。
これは、カジノ施設内で遊ぶときに使用することによって、ポイントを貯めることができるカジノ専用のカードです。

カジノ運営側としては、

「何度もカジノ施設を利用してくれる客」
「大金を賭けてくれる客」
「長時間カジノで遊んでくれる客」

を求めています。

そのため、遊ぶ金額はもちろんですが、スロットをした回数や遊んだ合計時間、1回当たりの掛け金などを全て記録し、「何度も利用してくれる良い客には優遇する」というシステムにしています。

プレイヤーズカードはカジノ施設を運営しているグループによってカードが違い、同じグループの店舗であれば共通で利用することができるので、カジノを利用する前に作っておくと良いでしょう。

プレイヤーズカードの作り方

1.窓口へ行く

プレイヤーズカードを作るためには、まずカジノ施設内にある「窓口」を探しましょう。専用窓口は、「プレイヤーズクラブ」と呼ばれているので、場所がわからない場合は近くにいるスタッフに声をかけて聞きましょう。

カジノテーブルでプレイヤーズカードを作ってもらえる場合もあるのですが、周りが上級者ばかりの場合は待たせてしまうことになり、あまりよく思われないこともあります。
初めての人は特に勝手がわからない状態なので、専用窓口に行ってカードを作ってもらうとともに、軽く施設内のテーブルについてやゲームについて説明を聞いておいたほうが安心です。

2.発行手続きをする

窓口へ行ったら、プレイヤーズカードを作りたい旨を伝えます。
そうすると、パスポートの掲示が求められるので、パスポートを掲示しましょう。
身分証明として確認してもらい、その後日本の自分の住所や連絡がとれるメールアドレスなどを紙に記入します。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

海外カジノで使用できる「プレイヤーズカード」の使い方とポイントが貯まる仕組み

海外カジノで使用できる「プレイヤーズカード」の使い方とポイントが貯まる仕組み

カードがなくてもカジノは楽しめますが、先にプレイヤーズカードを作ってから遊ぶことでポイントがたまり、もっとお得に楽しむことができます♪ここでは、「プレイヤーズカード」の使い方と、ポイントが貯まる仕組みについてご紹介します。
*koishi* | 99 view
テキサスホールデムを知らない人はいないですよね。

テキサスホールデムを知らない人はいないですよね。

と思っていたのですが意外に知らない人が多かったのでご紹介しようと思います。
Rits | 43 view
バカラのかっこいいカードのめくり方

バカラのかっこいいカードのめくり方

バカラではカードをめくる際にしぼりという手法を使っている人がいます。
Rits | 189 view
カードを使った簡単ルール!カジノドラゴンタイガーの基本ルールとは

カードを使った簡単ルール!カジノドラゴンタイガーの基本ルールとは

あまり馴染みのない「ドラゴンタイガー」という名前ですが、アジア圏にて人気を集めているカジノで愉しむことができるゲームの1つです。初心者でも簡単にプレイできる「バカラ」のような簡単なルールになっているので、誰でも気軽に参加することができます。そんな「ドラゴンタイガー」の遊び方と基本ルールをチェックしていきましょう。
麻衣 | 46 view
【海外カジノで遊んでみたい人必見!】ブラックジャックで勝率を上げるコツ

【海外カジノで遊んでみたい人必見!】ブラックジャックで勝率を上げるコツ

日本ではチャレンジできない“カジノ”ですが、だからこそ海外へ遊びに行った時に「やってみたい!」と思っている人もいるのではないでしょうか?初心者でも比較的遊びやすい“ブラックジャック”で勝利するコツをお教えします。
まき | 147 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

*koishi* *koishi*