2017年5月26日 更新

こんなこと知らなかった!カジノにまつわる雑学♪だからカジノはおもいしろい

カジノに行ったことがある人もない人も、こんな雑学を知っているとちょっと他の人に自慢できるかも?すこし優越感を感じることができるちょっとしたカジノにまつわる雑学をお話ししたいと思います。友達に話して「ものしりだね」といわれちゃいましょう!

247 view お気に入り 0

カジノのトランプは使い捨てだった!

Free photo: Play, Cards, Game, Fun - Free Image on Pixabay - 932773 (3278)

カジノでは、様々なトランプを使ったゲームがあります。ブラックジャック、ポーカー、バカラなどはとても有名ですね。でもそのカードゲームで使用されるトランプが実は使い捨てされていることはご存知でしたでしょうか。

日本では100円均一などでも簡単に安価で手に入れることができるトランプですが、たくさんのお客さんが訪れるカジノでは意図的にカードにマークを付けたり、カードに傷をつけたりする行為が多々あります。そういうことがあると公平にカードゲームを行うことが難しくなります。

そのためカジノでは数回使用したトランプを使い捨てとし、新しいトランプを常に使用するようにしているのです。カジノを運営している側からしたら、いかにお客様に楽しんでゲームを行ってもらうかということが一番大切です。どのお客様にも平等にチャンスが与えられるよう最善の努力をしているのです。

カジノが有名なラスベガスでは窓が開かない

Free photo: Architecture, Building, Facade - Free Image on Pixabay - 1868270 (3281)

ラスベガスといえばカジノの本場ですが、なんとラスベガスのカジノの窓はすべて開かないような仕様になっているそうです。

なぜならカジノで大負けしてしまった人が、窓から飛び降りるのをするのを防ぐためだといわれています。
勝つことも負けることも時の運といわれていますが、人生をかけてカジノを行っている人もなかにはいるということです。

しかし、防犯上は窓が開かない方が安全性も保たれていいのではないでしょうか。

カジノでの写真撮影はNG

Free photo: Nikon, Camera, Photography, Hand - Free Image on Pixabay - 515883 (3279)

観光でカジノへ訪れる人も多いとは思いますが、カジノでは写真撮影はNGとされています。始めてカジノに足を踏み入れる人は、物珍しさからすぐに写真を撮影したいと思うこともあると思います。でも他のお客様のプライバシーを守るために写真撮影は固く禁じられています。

店員さんに見つかってしまうとデータを消去するよう求められたり、場合によっては外へ出されてしまうことさえあるようです。もしも撮影したい場合は、店員さんの許可を得る必要がありますが、許可されることは難しいので遠慮しておいた方が無難です。

日本語で楽しめるカジノがある

なんと嬉しいことに釜山のパラダイスカジノには日本語を話せるスタッフが多数います。

外国でカジノを楽しみたいと思っているけれど、外国語に自信がない人でも釜山のカジノなら日本語でも楽しめます。飛行機で数時間で到着する一番日本から近いカジノです。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

楽しいカジノの雑学【ラスベガス編】ラスベガスは昔ラクダのいる砂漠地帯だった!

楽しいカジノの雑学【ラスベガス編】ラスベガスは昔ラクダのいる砂漠地帯だった!

カジノといえばラスベガス!今回はカジノの街と言われるにラスベガスの一風変わった楽しい歴史に纏わる雑学をご紹介します。
ザンギエフ | 135 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

美緒 美緒