2017年5月24日 更新

カジノスロットでオススメの攻略テクニックと注意点をご紹介します

カジノのスロットで遊ぶときにどうやってマシンを決めていますか?ただなんとなく雰囲気で決めている、という方も多いでしょう。スロットで遊ぶ時は攻略方法や注意点を知ってゲームをする方が大金が当たるチャンスがアップします!

111 view お気に入り 0

スロットマシンで絵柄が揃う確率って?

Free vector graphic: Slot Machine, Casino, Fruits - Free Image on Pixabay - 159972 (2155)

スロットマシンで絵柄が全部揃えば大当たりですが、その絵柄が揃う確率はRNG(Random Number Generator)という乱数発生装置が厳密に決めています。
プレイ1回毎にRNGが決めているので誰がプレイをしても大当たり=ジャックポットが出現する確率は同じで完全にランダムです。
それでは攻略法など無いのでは?と思われる方もいらっしゃいますよね。
ジャックポットの確率は完全に制御されているのでランダムですが、少しでも勝率が上がるようにすることができます!

スロットマシンはどれを使えば良いの?

Free photo: Casino, Slot Machine, Gambling - Free Image on Pixabay - 1144952 (2156)

カジノのスロットマシンにはとんでもない額の大当たりが出るプログレッシブジャックポットシステムが付いたマシンと、通常のマシンがあります。
通常なら大当たり機能が付いたスロットマシンでプレイする方が良いのでは?と思いますが、初めにプレイするマシンは通常のマシンにしましょう。

なぜなら大当たり機能が付いた上記スロットだと一回のベットが通常のマシンより高く設定されていて、プレイしているスロットマシンが最大3枚まで投入出来るものなら、その最大コイン枚数を入れなければ、ジャックポットは出ないというようになっている。

そして巨額の大当たり機能があるため、小さい当たりが出る確率が低く設定されていて、すぐに資金が尽きてしまう恐れがあり、長くプレイすることが出来ません。
逆に通常マシンなら、ジャックポットが出る確率は低いですが、小さい当たりが出る確率はプログレッシブジャックポット機能が付いたマシンよりも良いので、こちらで小さい当たりを多く出しいって資金を少しずつ増やしていき、その後に大当たりが出るプログレッシブ型に挑戦しましょう。

プレイする時の注意点

一日に使用する金額は決めてからスロットを楽しみましょう。
あなたがお金持ちなら問題無いですが、そうで無い場合は、計画を立ててお金を使うことが大切です。
カジノで何も計画せずお金を使ってしまうとすぐに尽きてしまい、プレイ出来なくなります。

大当たりを出すには、やはり出来るだけ長くプレイを続けた方が確率が上がりますので、大当たりに少しでも近づけるように資金計画は必須です。

なお、カジノで出た利益のみを次のプレイに回していけば、元手の資金をマイナスにすることはないので出来るだけ最初に小さい利益を出して長くプレイすることが攻略のコツです。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本とカジノのスロットは全然別物と考えてください

日本とカジノのスロットは全然別物と考えてください

日本のスロットとは全く毛色が違うのがカジノのスロットになるので知っていて損はないと思います。
Rits | 55 view
リバティ・ベルと3リールマシンのスロットはいつから?

リバティ・ベルと3リールマシンのスロットはいつから?

実は今目にしているスロットが出たのは120年ほど前といわれているのは知っていましたか??
Rits | 72 view
カジノの王道!スロットマシン

カジノの王道!スロットマシン

カジノの王様ともいえるスロットマシン、それらについて少しでも知ってもらえたらと思っています。
Rits | 56 view
【カジノを攻略する方法】アメリカンルーレットのシフトベットとは?

【カジノを攻略する方法】アメリカンルーレットのシフトベットとは?

定番カジノゲーム「ルーレット」。ホイールの数が違う2種類がありますが、今回はアメリカンルーレットの攻略法「シフトベット」についてご紹介します。
| 168 view
スロットはカジノの華!その楽しみ方や醍醐味とは?

スロットはカジノの華!その楽しみ方や醍醐味とは?

スロットはカジノの華とも呼ばれます。あの煌びやかなマシンの数々はまさに「カジノ!」という感じがしますよね。テーブルゲームとは違って、一人で伸び伸びとプレイできるのも魅力です。そんなスロットの醍醐味や楽しみ方をご紹介していきましょう。
サラリー | 74 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ザンギエフ ザンギエフ