2017年9月8日 更新

ファンタン

・ファンタン(Fantan)とは中国人民解放軍が運用しているQ-5 (航空機)のNATOコードネーム ・ファンタン(広東語 番攤、faan1taan1)とはカジノゲームの一種である。中国のマカオなどで人気があります。

36 view お気に入り 0

基本ルールについて

ファンタンは正方形のテーブルとボタンなどを使って行います。数の余りを当てるギャンブルである。白いボタンを使うことが多いが、コインや碁石などで行うこともある。ルールは金属製のお碗を数が不明の数十個のボタンの山にかぶせ、客が碗の中のボタンの数を4で割った余りが0個から3個のいずれかであるかを、テーブルに書かれた1から4(余りなし)の数字の上に掛け金を置いて賭ける。賭け終わると、「竹べら」というものを用いて4個ずつならべてゆき、最後に残るボタンの数が賭けた数と合えば勝ちとなり、元手の他、3倍の配当となります。手取りはバンカーの手数料を引いて3.75倍とされる例が多い。また、賭ける際に1から4のいずれかを選ぶ以外に、例えば1と2の間に掛け金を置くと、1または2に賭けたことになるが、配当は半減します。

ファンタンの歴史について

発生の時期は不明ですが、用意する用具が簡単なため、19世紀までに広東省で流行していた賭博のひとつである。元々は広東のものとして「広攤」と呼ばれていましたが、当初は空豆やビーズなどの数当てであった。アメリカのゴールドラッシュの時期には多くの中国人が広東省から移住したため、アメリカにも伝えられ、19世紀末のサンフランシスコやニューヨークのチャイナタウンでも賭場が開かれ、盛んに賭けられていました。
その後、もっと複雑な麻雀や牌九に流行が移ると、衰退した。現在、中国での賭博は禁止されているため、マカオのカジノで行われているものが主である。
Free photo: Money, Dollars, Success, Business - Free Image on Pixabay - 1428594 (3551)

どうやって勝っていくか!

6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歴史あるテーブルカジノ!ファンタンの基本ルールとは

歴史あるテーブルカジノ!ファンタンの基本ルールとは

正方形の特徴的なテーブルとボタンを使って行うテーブルカジノ「ファンタン」について紹介します。昔から代用品で楽しまれている歴史あるテーブルゲームになっていて、現在でも多くの人に親しまれています。特にマカオでは人気ゲームとなっています。基本ルールや遊び方についてチェックしていきましょう。
麻衣 | 52 view
カジノルール☆ファンタンの遊び方を知って楽しくゲームする♪

カジノルール☆ファンタンの遊び方を知って楽しくゲームする♪

カジノIRが国内で話題となっていることから、近年カジノへの関心がぐんと高まっています。カジノ?あ~ルーレットでしょ?と意外と何もしらない人は置いてけぼりになってしまうかも!?そんな皆さんに「ファンタン」という遊びをご紹介します!
dr.そら豆 | 90 view
ラスベガスとロサンゼルスのカジノの違い

ラスベガスとロサンゼルスのカジノの違い

同じカジノではありますが、趣向や傾向などが微妙に違っていたりします。
Rits | 538 view
だれでも分かるポーカーの遊び方

だれでも分かるポーカーの遊び方

いつでも遊べるようにドローポーカーについて勉強しましょう
Rits | 302 view
だれでも分かるブラックジャックの進め方

だれでも分かるブラックジャックの進め方

カジノに行ったときにあたふたしないで遊べるようにこれを見て参考にしてもらえたらと思います。
Rits | 194 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rits Rits