2017年5月26日 更新

カジノで楽しく遊べる上手な賭け方ってどんなもの?様々な攻略法を知ろう

カジノにはたくさんのゲームがあり、たくさんの賭け方があります。賭け方をしっかりと勉強してみると負け知らずになれるかもしれませんね。どの方法でチャレンジするか、どの方法が自分に合っているか考えながらプレイしていくのもいいかもしれません。今回は有名な賭け方3つをご紹介します。

59 view お気に入り 0
 (3284)

31システムと呼ばれる賭け方

たくさんの人がチャレンジしている賭け方の一つに31システムというものがあります。一度でもカジノに言ったことがある人ならこのシステムの名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

31システムでは次の順番でチップを賭けていくことが決まっています。1-1-1-2-2-4-4-8-8(枚)。これを1セットとしてゲームをします。もしすべてハズレてしまったとしても31しか減らないというのも初心者が気軽に始められる理由です。

31システムというネーミングの由来は、この1セットの数字をすべて足し算すると31になることからきています。ゲーム中に2連勝したら最初に戻り、また初めからやり直します。

法則を守れば大きくハズレることもないので安心ですね。この31システムが適用できるのは、バカラ、ブラックジャックなどの勝つ確率と負ける確率がそれぞれ50パーセントずつのゲームです。

伝統のマーチンゲール法と呼ばれる賭け方

大昔から言い伝えられているといっても過言ではないカジノのかけ方の一つとして、マーチンゲール法というものがあります。

マーチンゲール法を使えば負け知らずといわれているほど損のない賭け方なので、覚えておいて間違いないでしょう。マーチンゲール法は、ハズレてしまったときのみチップを倍にするという方法です。

そうすれば、次に勝ったときにそれまでに負けた分を取り戻せるという考え方なのです。
マーチンゲール法はバカラやルーレットの2択の方法に使用できます。

マーチンゲールの応用編ココモ法と呼ばれる賭け方

マーチンゲール法はハズレた時にチップを倍にしてもう一度チャレンジするという方法でしたが、ココモ法はそれを応用した賭け方になり、ルーレットではコラムベットや、ダズンベットに使用する方法です。2回連続でハズレたときに1回前に賭けた分のチップを上乗せしていきます。

こうしておくことで、ハズレが重なれば重なるほど当たったときにゲットできるチップが多くなるのです。
たとえば、1回目に1チップだとすると、負けたらもう一度1チップを賭けます。
さらに負けたら3回目は1+1で2チップを賭けます。さらに負けたら2+1で3チップを賭けるのです。

いつかは当たる!と信じてかけ続けていくことは辛抱強さが重要になりますが、そこはぐっとこらえていきましょう。
連敗があまりにも続くと失うチップがとても多くなるので注意してくださいね。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ラスベガスとロサンゼルスのカジノの違い

ラスベガスとロサンゼルスのカジノの違い

同じカジノではありますが、趣向や傾向などが微妙に違っていたりします。
Rits | 628 view
だれでも分かるポーカーの遊び方

だれでも分かるポーカーの遊び方

いつでも遊べるようにドローポーカーについて勉強しましょう
Rits | 352 view
だれでも分かるブラックジャックの進め方

だれでも分かるブラックジャックの進め方

カジノに行ったときにあたふたしないで遊べるようにこれを見て参考にしてもらえたらと思います。
Rits | 231 view
ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックを楽しめるように解説しています。
Rits | 116 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

美緒 美緒