2017年5月24日 更新

カジノのルーレットで知って得するフラワーベットという賭け方をご紹介!

カジノでルーレットをする時ってどこにチップを賭けようか賭け方に迷いますよね!これから知って得するフラワーベットというチップの掛け方をご紹介していきます。

97 view お気に入り 0

フラワーベット法とは

Free photo: Gaming Table, Roulette, Las Vegas - Free Image on Pixabay - 634373 (2400)

フラワーベット法は、インサイドベットエリアの中にある1から36までの数字の内いずれか1つを選び、選んだ数字にチップを置き、その周りにも円を描くように8箇所チップを賭ける手法です。

この形から花の姿に似ているのでフラワーベット法と呼ばれます。

フラワーベット法の賭け方

フラワーベット法は合計9箇所にチップを置いていくので、その分の資金が必要になります。
資金が多くいるので、余裕がある方以外は最低掛け金で行っていくと良いでしょう。

中心に玉が落ちた時は配当が跳ね上がる!

数字の中心に入った場合、ストレートアップとなり配当が36倍になります。

そしてその周辺を囲むようにスプリットベット(左右と上下の境界線上)4箇所と、コーナーベット(中心周りの境界線上コーナー)4箇所にチップを置いているので、スプリットベット配当18倍・コーナーベット配当9倍となります。

フラワーベット法で中心の数字に玉が入ったら、チップを賭けた全ての箇所の配当が貰えるので、全て足して144倍の配当が付きます。
また、フラワーベットは中心に玉が入らなくて、上下左右やコーナーに入っても配当が貰えるので、あまり損をすることが少ない賭け方です。

上下左右なら配当が36倍、コーナーなら9倍の配当がゲットできます。
フラワーベットは0も含めて37の数字の内、チップを置いた9個の数字の内どれかに入れば配当が得られると考えれば良いでしょう。

アウトサイドベットにも賭けよう

Free photo: Poker, Gamble, Chips, Gaming - Free Image on Pixabay - 742755 (2401)

フラワーベット法は、確率的に言えば4回に1回勝てる方法です。
外れる回数の方がやや高いので、なるべく損をしたくないという方は、アウトサイドベットで2つのダズンベットに賭けて保険を作るか、インサイドベットでもう一つフラワーベットを作るかをすると良いでしょう。

しかし冒頭でも言いましたが、一回に賭ける金額が多く、資金に余裕がある場合にしか行うことができませんので、注意してください。
また、フラワーベット法の攻略方法を使う際は、必ず0がひとつのヨーロピアンタイプルーレットにすること。
アメリカンタイプだと00が増えるので、数字の合計が38個になって確率が下がります。
ヨーロピアンタイプのルーレットでも4回に1回の確率なので、勝率を保ちたい時はアメリカンタイプは避けましょう。
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ルーレットの戦略は実は奥が深いものが多かった

ルーレットの戦略は実は奥が深いものが多かった

意外と適当にかけてしまいがちですが、抑えるポイントを知っていれば価値を見込める可能性も上がるものです。
Rits | 254 view
ルーレットの倍率を調べてみたら奥が深かった

ルーレットの倍率を調べてみたら奥が深かった

基本的にどのようなベットをしても控除率が一定になるようオッズが調整されているのをご存知でしたか?
Rits | 381 view
いまいちわかりにくいルーレットのかけ方を学ぼう

いまいちわかりにくいルーレットのかけ方を学ぼう

赤と黒と数字、一見簡単そうですが勝とうと思うなら色々と知っていた方がいいです。
Rits | 169 view
カジノの定番といえばルーレット!

カジノの定番といえばルーレット!

ルーレット (フランス語: roulette)とは、回転する円盤に球を投げ入れ、落ちる場所を当てるカジノゲームです
Rits | 44 view
カジノでルーレットゲームをする前に知っておきたい豆知識はこれだ!

カジノでルーレットゲームをする前に知っておきたい豆知識はこれだ!

カジノではルーレットをしてゲームを楽しみたい!と思っている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひ知っておいてほしいちょっとした豆知識があります。知っておくだけでちょっと自慢できたり、ゲームで優位に立てたりと行ったこともあるかもしれません。初心者のためのルーレット豆知識をぜひ活用してくださいね。
美緒 | 230 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ザンギエフ ザンギエフ