2017年5月26日 更新

サイコロを使ったシンプルカジノ!ダイスゲームのルール

カジノといえば、サイコロを使った「ダイスゲーム」が有名です。サイコロを転がすだけの簡単ルールになっているので、カジノ初心者でも楽しむことができます。カジノに訪れたらまずは「ダイスゲーム」に参加してみてくださいね。

276 view お気に入り 0
Free photo: Dice, Game, Pawn, Board Game - Free Image on Pixabay - 1264058 (3196)

ダイスゲームとは

「ダイス」とはサイコロのことです。サイコロを使ったゲームのことを「ダイスゲーム」といいます。サイコロを転がしてでる目で行うことができるゲームが多く、「ダイスゲーム」もいくつか種類があります。カジノによって、ローカルルールがある場合がありますが基本的にはプレイできる「ダイスゲーム」は「クラップス」「大小シックボー」「マカオダイス」などが有名です。

有名ダイスゲームクラップスのルール

投げ手の方がサイコロを2個転がして、その出た目によって勝敗を決めることができるゲームです。
2個のサイコロの合計で、7と11が出た場合はサイコロを投げた方が勝利。
2、3、12が出た場合はサイコロを投げた方が負けとなります。

他の数字が出た場合は、ゲームがつついていきます。続けて投げてがサイコロが振られていくので2投目以降は7を出した時点で投げてが負けになります。

カジノに参加する方は、投げ手が勝つか負けるかの2択に賭けるのがルールになります。賭け方が多数にある奥の深いゲームになっています。

大小・シックボーのルール

サイコロを3個同時に降るゲームになります。サイコロ版の「バカラ」とも言われています。サイコロを転がした時に出た出目が4~10の場合が小、11~17までの場合が大です。

この小か、大かを当てるのが基本ルールになっています。他にも賭け方がいくつかあり、ますがカジノ初心者の場合は大小でベットをして進めるのがおすすめです。出る確率が低いほど配当金の価格が大きくなります。

マカオダイス

「大小・シックボー」のルールは基本的には一緒です。サイコロの目が魚の柄になっていて、魚やエビ、ひょうたん、カニ、鶏など絵柄が書かれているのが特徴的です。賭け方が全部で15種類あり、こちらも奥が深いです。全自動でサイコロを目が出るところが特徴的です。
賭け方はいくつかありますが、シンプルに賭けることができるところから始められるので、初心者でも気軽にカジノに参加することができます。「サイコロ」は、どの国でも親しみがあるゲームになっているので、海外旅行へ行ったときにカジノがあれば是非プレイしてみてくださいね。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本のばくちといえば「チンチロリン」

日本のばくちといえば「チンチロリン」

チンチロリンは、日本の大衆的な博戯(賭博・ゲーム)の一種です。数人程度(理論上は2人以上何人でも)が通常は車座になって、サイコロ3個と丼(ないし茶碗)を使って行います。名称はサイコロが丼に投じられたときに生じる音を擬したもので、「チンチロ」と省略されることや「チンコロ」と呼ばれることもあるようです。
Rits | 27 view
マカオのカジノでは大小で遊ぼう!

マカオのカジノでは大小で遊ぼう!

大小(だいしょう)あるいは大細(だいさい、広東語: たいさい)とは、3個のサイコロを用いてその出た目の合計数などを予想する賭博である。 主にアジア(特にマカオ)のカジノで行なわれています。
Rits | 12 view
クラップスのオッズの張り方について

クラップスのオッズの張り方について

一度しっかりと学んでみようと思いまとめてみました。
Rits | 23 view
クラップスでの賢い掛け方

クラップスでの賢い掛け方

意外と知らないクラップスの上手な立ち回りをご紹介しましょう。
Rits | 17 view
ダイスゲームの道を極めたい

ダイスゲームの道を極めたい

ダイスゲームは様々なものがありますが、ここではクラップスについて説明します。
Rits | 15 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

麻衣 麻衣