2017年5月22日 更新

通常のポーカーとは違う?カジノゲーム「パイゴウポーカー」とは

普通のポーカーはわかるけど「パイゴウポーカー」はどう違うの?ここでは、通常のパイゴウポーカーのルールと通常のポーカーとの違いについて、またゲームの必勝法などについてご紹介します。

74 view お気に入り 0

パイゴウポーカーは普通のポーカーとここが違う!

 (1687)

「パイゴウ」とは中国の「牌九」の広東発音からきています。元々は「天九牌」というカードを使った中国のギャンブルゲームだそうですが、それが世界中のカジノで楽しめるようになっているのが面白いですね。

普通のポーカーとの大きな違いは、客同士で勝敗を競うのではなく、各客対ディーラーの1対1の勝負だというところです。

パイゴウポーカーの基本ルール

1.使用するのはジョーカーを1枚加えた53枚のカード(ポーカーは52枚もしくは53枚)
ジョーカーは5枚目のA(エース)として使用するか、ストレート・フラッシュなどを作るワイルドカード(自在カード)として使用できる。

2.初めにチップ(掛け金)を置きます(ポーカーも同じ)

3.決められた順番でカードが7枚ずつ配られます(ポーカーは5枚)

4.7枚を役によって2枚(ローハンド)と5枚(ハイハンド)に分ける。
ハイハンドの方がローハンドよりも高い手でなければならない。
  
5.ハイもローもどちらの手も強かった方が勝ち。1勝1敗は引き分け、2敗は負け
プレーヤーとディーラーが両方とも同じ手役の場合はディーラーの勝ち。
(ポーカーは参加者の中で一番強い役を出した人が勝ち)

パイゴウポーカーの必勝法

2枚と5枚に分ける組み合わせの戦略によって、勝敗は大きく変わります。
戦略は数通りありますが、王道としては

ワンペアの場合はハイハンドに、残りの高い数字からローハンドにセット。

ツーペアの場合はハイとローにワンセットずつ(数値の大きさで組み合わせは変えます)。

ワンペアやフルハウスなど、「手」は一緒でも普通のポーカーにはないルールが面白さを引き立ててくれます。
その他にもハイ&ロー戦略については多数ありますので、組み合わせを知っていると有利ですね。

ただ、やはりギャンブル。
良い「手」を出せるかどうかは、配られたカードの「運」を祈るしかありません…!

パイゴウポーカーのサイドルール

パイゴウポーカーには、普通のポーカーにはないルールがいくつかあります。

ドラゴンハンド

席が空いている場合に、1人だけ2席でゲームができるルールです。
2席目をドラゴンハンドといい、1席目を振り分けた後に2席目を振り分けて判定を待ちます。
ゲームごとにドラゴンハンドの権利は右隣に移っていきますが、権利をパスしてもOKです。

バンクプレイ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

はまると抜け出せない面白さ。カジノにきたらはずせない"ポーカー"

はまると抜け出せない面白さ。カジノにきたらはずせない"ポーカー"

様々なゲームがある中でも、やはり外せないのがカジノゲーム「ポーカー」。ここでは、ポーカーの基本ルールや用語、その他ポーカーに関する出来事をご紹介します。
ゆうか | 92 view
だれでも分かるポーカーの遊び方

だれでも分かるポーカーの遊び方

いつでも遊べるようにドローポーカーについて勉強しましょう
Rits | 302 view
楽しめるビデオポーカーについて

楽しめるビデオポーカーについて

写真者でも分かるように作られているビデオポーカーについて説明します。
Rits | 62 view
ビデオポーカーの種類

ビデオポーカーの種類

数多くあるビデオポーカーの種類を教えていきましょう。
Rits | 82 view
新しいポーカーの「ビデオポーカー」

新しいポーカーの「ビデオポーカー」

ビデオポーカー(Video Poker)とは、ビデオモニターに表示されたトランプでポーカーの役を作るゲームです
Rits | 52 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

明日香 明日香