2017年5月18日 更新

【カジノで遊べる国】マニアックな場所を紹介します☆

カジノと言えば「ラスベガス」でしょ「マカオ」でしょと誰もが知っている場所があげられますが、マニアしか知らない穴場スポットもあります。今回はそんなマニアックするぎるカジノをご紹介します。

30 view お気に入り 0
[フリー写真] 香港の高層マンションと道路の夜景でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (909)

パラニャーケ

マニラの中核として存在するのがパラニャーケです。ここでは有名なカジノに引けをとらないエンターテイメント型のカジノが点在しています。人気のバカラをはじめポーカーなど一攫千金を狙う強者の姿もみられます。入場料は無料なので気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ミンダナオ島

ミンダナオ島でも人気のゲームはバカラですが、この島特有のローカルゲームであるレッドアンドホワイトもありあます。ここではディーラーにチップを渡す風習があるので、チップを渡し忘れないようにしましょう。

また、年齢は21歳からプレイでき外国人観光客は必ずパスポートを持参します。
島なのでドレスコードはそこまで厳しくありません。ジーンズでも入場OKという気さくさが良いですね。

パース

西オーストラリア州にあります。豊富な緑と美しいビーチがあり、この街は世界一住みやすいと評判です。そんなパースではパイゴウやブラックジャックが人気。
18歳以上から入場でき入場料は無料です。ただ、ホテルでの換金はとんでもなく最低だと言われているので、事前に空港で換金するかカジノで換金することをおすすめします。

また、パースではクレジットカードの利用もでき、日本でお馴染みのvisaやmasterカードが使えるメリットがあります。

ダーウィン

オーストラリア北部にあり、観光地としてはキャサリン渓谷が有名です。
ポーカーを始め、バカラなどのテーブルゲームに人気が集中しています。この国ではディーラーにチップを渡す行為自体が禁止されているため注意してください。
18歳であれば誰でも入場可能で、メンバーズカードもあるのでパスポートは必須です。

ここはドレスコードがちゃんと設けられているので、女性はサンダルは禁止、男性も短パンやビーチサンダルなどは入場を断られるため、襟付きのシャツや長ズボンなどを事前に用意しておきましょう。

ペンシルバニア州

アメリカ東海岸のカジノエリアにあります。ポーカーが人気で専用のルームまで存在しています。
ここはアメリカなのでチップ制です。ドリンクのオーダーにもチップが必要なので忘れないように気を付けましょう。

また21歳からプレイできますが、入場は比較的自由です。
オープンな町なので服装の縛りもこれといってなく、比較的ラフな格好をしていても問題ありません。

ただ一つ注意したいのが、クレジットカードを利用することができますが、別途手数料をとられるので空港やカジノで換金して遊ぶのが一番おすすめです。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ラスベガスとロサンゼルスのカジノの違い

ラスベガスとロサンゼルスのカジノの違い

同じカジノではありますが、趣向や傾向などが微妙に違っていたりします。
Rits | 414 view
だれでも分かるポーカーの遊び方

だれでも分かるポーカーの遊び方

いつでも遊べるようにドローポーカーについて勉強しましょう
Rits | 238 view
だれでも分かるブラックジャックの進め方

だれでも分かるブラックジャックの進め方

カジノに行ったときにあたふたしないで遊べるようにこれを見て参考にしてもらえたらと思います。
Rits | 145 view
ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックを楽しめるように解説しています。
Rits | 77 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dr.そら豆 dr.そら豆