2017年5月22日 更新

「魚蝦蟹」と書いてマカオダイス?!カジノの面白ゲームをご紹介☆

賭け金によって配当金が数百万や数千万になる夢のようなゲームがあるのが、カジノの魅力ですよね。その中にはマカオダイスと呼ばれるユニークなゲームがあります。ここではマカオダイスについて紹介しているので、基本ルールをおさらいしましょう♪

73 view お気に入り 0
Free photo: Dice, Game, Gambling - Free Image on Pixabay - 1736102 (1516)

★ ルールはシックボーと同じだから理解しやすい!

マカオやシンガポールといったアジアで人気の大小(シックボーと読みます)と同じルールで楽しめるのが「マカオダイス」です。
使うのは3つのダイス(サイコロ)です。ただし、少しだけシックボーと違っているのが、ダイスに目がないということです。数字がかかれていないのにどうやって勝敗を決めるのかというと、なんとマカオダイスのダイスには絵柄が書かれています。

この絵柄をもとに出る目の数を当てるのが、このゲームの基本ルールです。

★ マカオダイスを攻略するには絵柄を覚えよう!

■1の目…赤色の魚
■2の目…緑色のエビ
■3の目…青色のヒョウタン
■4の目…青色の貨幣
■5の目…赤色の鶏
基本的に絵柄はこの数字で割り振られています。ベット(賭けること)する時にこの絵柄の意味がわからないとそもそもゲームをすることが出来ないので、暗記しておきましょう。

★ No more Betまでに決める!

マカオダイスは専用のテーブルでゲームが行われてますが、シックボーの時と同じように賭ける場所が様々あります。どうしても、ここだ!と決めれない時は悩んでしまうもの…。
すぐに賭ける必要はなく、他のプレイヤーの行動をみながら予測するのも一つの手です。

ただし、ベット終了の合図でもある「No more Bet」とディーラーが声をかけたら、チップの移動からベットは一切行えませんので、それまでに決めるようにしましょう。

★ マカオダイスの配当金はどうなっているのか?

ダイスを振ってでた合計数によってこのように変動します。

シックボーと同じように大きい目の数がでるか、小さい目の数がでるかで賭けて当たれば配当金は2倍になります。
また、1~6の数字のうちいずれかが1つでも当たれば2倍、2つ当たれば3倍、ぞろ目なら4倍となります。

ただし、大小で賭けたときはぞろ目がでると負けてしまうので「4倍だ!」と大喜びすると少し恥ずかしいことになるので注意が必要です。

まとめ

絵柄と数字暗記するまで少し慌ててしまうかもしれませんが、慣れてくるとすぐにゲームの流れもつかみやすくコツもわかってくるようになります。それまでは、自宅で予習をしておき本格的に遊べるほど知識がついたら、マカオやラスベガスといった本場カジノでマカオダイスを楽しみましょう!
日本では本場カジノのように本格的に遊べる場所はまだありませんが、日本にもカジノがでた時のことを考えて先に習得しておくのもおススメです。
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サイコロ(ダイス)を使ったカジノゲーム!「クラップス」とは?

サイコロ(ダイス)を使ったカジノゲーム!「クラップス」とは?

カジノではサイコロの事を「ダイス」と呼びます。このダイスを使って遊ぶのが「クラップス」です。クラップスはどこで誕生して、どんな遊び方をするのでしょうか?その謎に迫ってみました!
dr.そら豆 | 581 view
ラスベガスとロサンゼルスのカジノの違い

ラスベガスとロサンゼルスのカジノの違い

同じカジノではありますが、趣向や傾向などが微妙に違っていたりします。
Rits | 628 view
だれでも分かるポーカーの遊び方

だれでも分かるポーカーの遊び方

いつでも遊べるようにドローポーカーについて勉強しましょう
Rits | 352 view
だれでも分かるブラックジャックの進め方

だれでも分かるブラックジャックの進め方

カジノに行ったときにあたふたしないで遊べるようにこれを見て参考にしてもらえたらと思います。
Rits | 231 view
ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックを楽しめるように解説しています。
Rits | 116 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dr.そら豆 dr.そら豆