2017年5月19日 更新

賛成派?反対派?日本のカジノ合法化に反対する人が考えている"2つの懸念点"

カジノが合法化することで、雇用改善や経済効果等、日本にはたくさんのメリットがあります。しかし、問題点・懸念点も少なからずあるため、現地点では反対派の人もやはり多くいるのが現実です。ここでは、カジノ合法化に反対している人が考えている"懸念点"と、考えられる対策についてご紹介します。

108 view お気に入り 0

懸念点①ギャンブル依存症

 (1083)

日本では、賭博行為が法律によって禁止されています。
しかし、賭博行為でなくても、娯楽であるはずのパチンコ・スロットで大金を費やし、手元に全くお金が無くなってしまった人や、借金をしてまでお金をつぎ込む人がいることを知っています。

今の状態でさえ"ギャンブル依存症"になってしまう人がいるのに、カジノが合法化されてしまったら、さらに多くの人が依存症になってしまうのではないか、と懸念しているのです。

ギャンブル依存症への対策は?

娯楽施設自体が悪いのではありません。
問題なのは、

「自制がきかない」
「見境なくお金を使う」

という、"自己管理力"が低いことが問題です。

全ての人が同じように遊び、同じように依存症になるわけではありません。
遊ぶ金額を自分で決め、その金額内で遊べば問題ないのです。

懸念点②治安の問題

カジノが合法化されると、大金が連日連夜動く場所ができるということです。

実際にその場面をみたことがない人も、なんとなくお金が絡むと治安が悪くなるイメージが強く、お金を持っている人がスリにあったり、裏で脅されたり、という怖い想像をしてしまいます。

治安の問題への対策は?

海外でも、大金が動くカジノ施設では治安の問題を常に懸念しています。
そのため、徹底した法整備や、施設内での厳重管理体制が欠かせません。

ラスベガスのカジノ施設では、カジノテーブルでゲームを進行する役割をもつディーラー以外に、それぞれ範囲を決めて監視している人や、天井に数えきれないほどの監視カメラを設置する等の対策を行っています。

イカサマ等が起きないように、またトラブルが起きた際に迅速に対応できるようにすることで、海外ではカジノが合法として楽しまれています。

2020年に向けて、どんな対策をするのかに注目

現在、前向きに話が進んでいる統合型リゾート(IR)の設立。
賛成派だけでなく反対派の意見も尊重し、安全を確保してすべての人が楽しめるような場所になるように、今後も話し合いが行われていくでしょう。

最終的にどんな形になるのか、どんな対策を行うのか。
まだまだ目が離せません。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

どうなる?カジノ合法化に向けた日本の今後の動きとカジノディーラーの需要

どうなる?カジノ合法化に向けた日本の今後の動きとカジノディーラーの需要

2016年にカジノ法案が成立してから、本当にカジノができるのかどうか多くの人が注目しています。今後の日本の動きについて、またカジノディーラーの需要についてご紹介します。
*koishi* | 89 view
日本のばくちといえば「チンチロリン」

日本のばくちといえば「チンチロリン」

チンチロリンは、日本の大衆的な博戯(賭博・ゲーム)の一種です。数人程度(理論上は2人以上何人でも)が通常は車座になって、サイコロ3個と丼(ないし茶碗)を使って行います。名称はサイコロが丼に投じられたときに生じる音を擬したもので、「チンチロ」と省略されることや「チンコロ」と呼ばれることもあるようです。
Rits | 309 view
【マイナス面だけじゃない!】日本にカジノができる3つのメリット♪

【マイナス面だけじゃない!】日本にカジノができる3つのメリット♪

治安問題やギャンブルについて不安な点もありますが、賛否両論ある中で国がカジノ合法化に向けて動き出しています。ここでは、良い面に着目し、日本にカジノができることによる3つのメリットをご紹介します。
| 78 view
【カジノ合法化】政府が本格的に動き出したって知ってる?

【カジノ合法化】政府が本格的に動き出したって知ってる?

知ってる人は少ないかもしれませんが、カジノ法案について日本政府が本格的に動き出しています。カジノ合法化について「一体あれは結局どうなったのか?」と思っているでしょう。今回それについて詳しくご紹介します。
みずほ | 32 view
日本のカジノ解禁はいつ頃?候補地は?気になる情報を総まとめ

日本のカジノ解禁はいつ頃?候補地は?気になる情報を総まとめ

2016年に日本でカジノ法案が成立されてから、賛成派・反対派どちらの人も注目しています。今回は、日本でカジノ解禁について、気になる情報をまとめます。
美穂 | 114 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

*koishi* *koishi*