2017年9月7日 更新

チャック・ア・ラックについて

チャック・ア・ラック(chuck-a-luck)とは、3個のダイスを使用したチャンスゲームの一種です。カジノでも行われていますが、チャリティーの寄付金集めに利用されることもあり、英語版ウィキペディアでは、 カジノゲームと言うよりは、「マネー・ホイール」のようにカーニバルゲームに近いとされています。

14 view お気に入り 0

チャック・ア・ラックの歴史

英国のパブで行われていた「スウェット・クロス(Sweat Cloth)」と言うゲームが、1800年前後頃、米国に「スウェット」として伝来したと言われています。19世紀中頃には「チャッカーラック(chucker-luck)」「チャック(chuck)」などいくつかの異名でも呼ばれるようになりましたが、20世紀に入り、「ビッグ・ケージ(big cage)」と言う呼び名を経て、最終的に「チャック・ア・ラック」が定着しました。
 英国から伝来した当初の「スウェット」は、ダイスを振る際にカップを使用しましたが、重心や寸法を狂わせた不正なダイスとのすり替えが疑われるなどの理由から、ケージと呼ばれる、針金を編んだ鳥かごのような器具に取って代わられた。

ルールについて

Free photo: Roll The Dice, Craps, Board Game - Free Image on Pixabay - 1502706 (3490)

3個のダイスを振り、賭けた目が1個以上出現すれば勝ちとなるゲームです。つまり、3個のダイスが全て異なる目であった場合は、的中する目が3種類存在することになります。
 プレイヤーは、レイアウトに描かれた1から6までのダイスの目を表す数字に、何箇所でも賭ける事ができます。全員が賭けを終わると、ディーラーはケージを数回回転させて中のダイスを転がす。最終的にケージの底で停止したダイスの上面の目で、勝負を決める。
 3個のダイスのうち、他に同じ目がない、いわゆるシングルの目に賭けていた場合は、1倍の配当が支払われる。また、同じ目のダイスが二つある、いわゆるペアとなった目に賭けていた場合は、2倍の配当が支払われる。同様に、3個のダイス全てが同じ、いわゆるトリプル(ゾロ目)となった目に賭けていた場合は、カジノによって異なりますが、3倍または10倍の配当が支払われます。

賭けのバリエーションについて

賭けのバリエーションとして、その他の賭け方を提供しているカジノもありますが、以下はその例である。細部についてはカジノごとに異なる場合もある。なお、末尾のカッコ内は、的中した時の配当です。
・フィールドベット:3個のダイスの目の合計が8以下、または12以上であることに賭けていた時(1倍)
・エニートリプル:3個のダイスが全て同じ目であることに賭けていた時(30倍)
・ビッグ:3個の目の合計が11(または12)以上であることに賭けていた時。ただし、3個の目が同じ場合は、この条件であっても配当を得られません。(1倍)
・スモール:3個の目の合計が10(または9)以下であることに賭けていた時。ただし、3個の目が同じ場合は、この条件であっても配当を得られません。(1倍)
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ラスベガスとロサンゼルスのカジノの違い

ラスベガスとロサンゼルスのカジノの違い

同じカジノではありますが、趣向や傾向などが微妙に違っていたりします。
Rits | 413 view
だれでも分かるポーカーの遊び方

だれでも分かるポーカーの遊び方

いつでも遊べるようにドローポーカーについて勉強しましょう
Rits | 236 view
だれでも分かるブラックジャックの進め方

だれでも分かるブラックジャックの進め方

カジノに行ったときにあたふたしないで遊べるようにこれを見て参考にしてもらえたらと思います。
Rits | 145 view
ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックを楽しめるように解説しています。
Rits | 77 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rits Rits