2017年5月27日 更新

カジノが楽しめるおすすめの国を世界の中から3つ絞ってランキング形式でご紹介します!

カジノは世界中で楽しめますよね!そんな世界中にあるカジノが出来るおすすめの国を3つのランキングに絞って今回はご紹介していきます!定番のあの国から、最近注目を浴びている国も登場しますよ!

81 view お気に入り 0

1位:やっぱり定番!アメリカ「ラスベガス」

Free photo: Las Vegas, Nevada, Cities, Urban - Free Image on Pixabay - 1620961 (1679)

ラスベガスには巨大なホテルの中にカジノがあるというイメージですが、これには理由があり、カジノ営業には客室が無くてはならないという法律があるからです。
また、ラスベガスには世界でもTOP10入りする有数のホテルばかりです。
カジノの街として知られているラスベガスは、深夜でも多くのカジノが営業していて一日中楽しむことが出来ます!そして入場料も無料!
ただし、ラスベガスのカジノは21歳以上でないと入場はできませんのでご注意を。
パスポートも必ず持っていきましょう。

ラスベガスでは、裕福な人だけではなく、低額からも参加できるゲームやスロット、テーブルゲームがあり、スポーツブックもあります。
ホテル内に設置されているカジノばかりですので、その規模も大きく高級感もあります。
ホテルにはショッピングセンターが併設されているところがほとんどですので、ホテル内で買い物や食事、観劇など全て済ますことが可能です。

なお、アメリカですので、カジノを楽しんだ後は従業員へチップを渡すことをお忘れなく。
ドレスコードがないカジノが多くありますが、宿泊するホテルによって変わりますので、都度確認してからいきましょう。

どのホテルに泊っても素晴らしいので、カジノを楽しみたい方はぜひラスベガスへ!

2位:日本からすぐ行ける香港「マカオ」

マカオは日本から飛行機で約5時間ほどで到着します。
日本から近いというところもマカオをオススメするポイントです。

そしてマカオはラスベガスの売り上げを抜いたこともあるカジノ都市で、東洋のラスベガスといわれるカジノホテルもあります。
そしてマカオのカジノもラスベガスと同じ24時間営業で、入場料も掛かりません。
こちらも21歳以下は入ることが出来ません。

また、マカオにはアジア系(中国系)の顧客が多い為、中華圏で大人気のシックボーやミニバカラがカジノのメインになっています。もちろんスロットやポーカーもあるので、ご安心を。
ただ、マカオにはスポーツブックがまだありません。
将来新設される予定とのことですので、導入されたらさらにマカオのカジノは盛り上がること間違いないでしょう。
なおマカオには、世界最大のカジノホテル「ベネチアンマカオ」があります!
カジノはスロットマシンが約6000台も用意されていて、テーブルも数えきれないほどあるという超巨大カジノです。

このホテルの中には、イタリアのベネチアをイメージして作られた川がホテル内に流れています。
日本でも良くテレビで取り上げられているのでご存じの方もいるでしょう。

ぜひマカオでカジノに興じるならベネチアンマカオに宿泊してみては?
Free photo: Macau, Casino, Venetian - Free Image on Pixabay - 958786 (1689)

3位:リゾートだけじゃない注目の「シンガポール」

Free photo: Singapore, Night, Marina, Asia - Free Image on Pixabay - 1132358 (1695)

シンガポールは2010年からカジノ産業が開始され、東南アジアで最大規模を誇る都市でもあります。
そしてシンガポールには、カジノで遊べるところが2つしかありません。

・1つ目は「マリーナベイ・サンズ」

マリーナベイ・サンズはホテルの屋上に巨大な船が乗っている有名なホテルです。
カジノはゲームで遊べるスペースだけで、1万5千平方メートルの広さがあり、とても広々とした空間でカジノを楽しむことができます。
こちらも21歳以下は入れません。

内装は美しく、世界最大級のクリスタルシャンデリアが飾られています。
テーブルゲームは600台以上あり、好きなテーブルゲームを楽しむことが出来ます。
スロットマシンも1000台以上あり、好きな台を選び放題です。

・2つ目は「リゾート・ワールド・セントーサ」

セントーサ島のリゾート施設に併設されているカジノで、このセントーサ島には、USJや水族館もあります!

24時間営業で21歳以上でなければ入場お断りなのでパスポートの確認があります。
パスポートは用意していきましょう。
こちらは、テーブルゲームが500台以上あり、スロットマシンも2000台以上用意されています。
マリーナベイ・サンズもそうですが、アジア系の顧客が一番多いです。
なので、シックボー、バカラ等がシンガポールでもメインになっています。

服装は、カジュアルなジーンズでも大丈夫です。
リゾート施設の中にあるので、カジノだけでなくその他のアミューズメント施設でも楽しむことができるオススメのホテルです。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カジノで有名な国といえばどこ!?それそれのカジノの特色や魅力とは

カジノで有名な国といえばどこ!?それそれのカジノの特色や魅力とは

カジノで有名な国といえば、思い浮かべる国は大体絞られてくるかと思います。しかし、それぞれに特色や個性があり、魅力も違ってくるのが面白いですよね!そんなカジノでも人気の高い観光スポットの特徴やカジノの傾向などをご紹介いたします。
ちー | 339 view
【各国代表】それぞれの国の人気カジノを徹底解説しちゃいます♪

【各国代表】それぞれの国の人気カジノを徹底解説しちゃいます♪

海外カジノ旅行、どこにしよう…!?と悩んでいるみなさんへ。ここでは各国の人気カジノ施設をご紹介します。
| 41 view
カジノのスロットマシンでオススメの台や楽しみ方ってあるの?

カジノのスロットマシンでオススメの台や楽しみ方ってあるの?

カジノといえばスロットマシン!というイメージが強いですよね。テーブルゲームはなんだかルールが難しそうでとっつきにくい、とい方はぜひスロットマシンで遊んでみましょう。オススメの台やスロットマシンの楽しみ方を見ていきましょう。
ザンギエフ | 223 view
カジノおすすめランキングベスト5☆彡

カジノおすすめランキングベスト5☆彡

みんながおすすめするカジノは外れなし!トップクラスの高級ホテルにあるカジノを第1~5位をランキング形式で発表します♪
dr.そら豆 | 53 view
ラスベガスとロサンゼルスのカジノの違い

ラスベガスとロサンゼルスのカジノの違い

同じカジノではありますが、趣向や傾向などが微妙に違っていたりします。
Rits | 416 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ザンギエフ ザンギエフ