2017年5月16日 更新

もうすぐ日本上陸!?日本でカジノ(統合型リゾート)が導入されることによるメリットは?

カジノ法案が2016年12月に衆院本会議によって可決されました。導入時期はまだ未定ではありますが、日本にカジノが出来ればどんなメリットがあるのでしょうか。国民側と国側、二つの視点から見てカジノを導入するメリットをご紹介します。

29 view お気に入り 0
 (317)

自民党と、維新の会の多くの人が賛成を出したことによって可決されたカジノ法案。あまりにあっという間に決まってしまったことにより、国民としても賛否両論はありますが、実際に日本にカジノができるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

統合型リゾートができることにより「観光客増」

カジノだけでなく、今回は「統合型リゾート」ができるということで、国内はもちろん海外からの観光客も圧倒的に増えていくことが予想されます。
統合型リゾートは、カジノ以外にショッピングモールやアミューズメント、温浴施設、ホテルなども中に組み込まれる可能性が高いので、単純に計算しても圧倒的な経済効果があるのではないでしょうか。

日本では一切なかったカジノが導入されることで不安視する人は多いですが、海外では合法として認められている国が多くあります。治安を悪くしないための対策は必要になりますが、その不安要素が解消できれば、日本人にとっても楽しめる観光スポットの一つになるでしょう。

国から見たメリットは…「税収」

国内外問わず、多くの人が利用するのでその分「税収」が圧倒的に増えます。
一番の目的はここにあるかもしれません。

現在の日本では、年々消費税が上がっているなど国が持っているお金に不安があります。統合型リゾートができることで日本経済を立て直すことにつながれば、消費税を再度下げたり、医療費補助や保育園問題など、山積みとなっている問題が解消できるかもしれません。

多くの企業が参入することで「失業者が減る」

統合型リゾートでは多くの店舗や企業が参入してくることになります。
そのため圧倒的に雇用率が高まり、現在の失業者の窮地を救うことができるかもしれません。

アルバイト・正社員どちらも確実に求人が増えるため、就職難の時代を終わらせることができる可能性があります。

まとめ

日本でずっと禁止されてきたカジノが導入されることは、少なからず不安もあるかもしれません。しかし、その不安をしっかりと解消できる対策を行えば、日本にとってプラスな効果が出る可能性は大いにあるのです。
今後の動向にも注目ですが、ネガティブ面ばかりではなく、プラス面も見た上で考えてみてください。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【マイナス面だけじゃない!】日本にカジノができる3つのメリット♪

【マイナス面だけじゃない!】日本にカジノができる3つのメリット♪

治安問題やギャンブルについて不安な点もありますが、賛否両論ある中で国がカジノ合法化に向けて動き出しています。ここでは、良い面に着目し、日本にカジノができることによる3つのメリットをご紹介します。
| 61 view
日本のばくちといえば「チンチロリン」

日本のばくちといえば「チンチロリン」

チンチロリンは、日本の大衆的な博戯(賭博・ゲーム)の一種です。数人程度(理論上は2人以上何人でも)が通常は車座になって、サイコロ3個と丼(ないし茶碗)を使って行います。名称はサイコロが丼に投じられたときに生じる音を擬したもので、「チンチロ」と省略されることや「チンコロ」と呼ばれることもあるようです。
Rits | 240 view
カジノに参加する時のメリットや楽しみ方とは!?

カジノに参加する時のメリットや楽しみ方とは!?

旅行に行って、カジノに遊びに行く際のメリットやカジノでの楽しみ方について紹介します。実際カジノに行ってみたけれどどうやって楽しんでいいのかわからない!という方は必見です。カジノに入ってみるだけでも記念になるので、是非旅行に行った際はカジノに訪れてみてください。
麻衣 | 55 view
日本のカジノ解禁はいつ頃?候補地は?気になる情報を総まとめ

日本のカジノ解禁はいつ頃?候補地は?気になる情報を総まとめ

2016年に日本でカジノ法案が成立されてから、賛成派・反対派どちらの人も注目しています。今回は、日本でカジノ解禁について、気になる情報をまとめます。
美穂 | 106 view
「日本は最後のフロンティア」マカオで開かれたカジノ展示会で世界が大注目

「日本は最後のフロンティア」マカオで開かれたカジノ展示会で世界が大注目

2017年5月にマカオで開催されたカジノ展示会。日本でのIR(統合型リゾート)の設立について海外カジノ関連企業も興味深々。気になる展示会の内容と今後の日本のカジノ合法化の方向性についてご紹介します。
*koishi* | 38 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

*koishi* *koishi*