2017年9月7日 更新

テキサスホールデムの進行について

これを知っていないとゲームに参加できないので初心者の人は参考にしてください。

51 view お気に入り 0

ゲームの進行について

各プレイヤーに2枚のカードが表を伏せた状態で配られてゲーム開始となる。この2枚のカードを「ホールカード」あるいは「ポケットカード」と呼ぶ。ゲームにおいてプレイヤーごとに配られるのはこの2枚のみであり、ショーダウンが行われる場合以外は他のプレイヤーに公開する必要はありません。
カードが配られたら、ベットラウンドが開始する。このラウンドは「プリフロップ」と呼ばれる。賭けはビッグブラインドの左隣から、時計回りに行う。このとき、ビッグブラインドはオープニングベットに相当するので、最初のプレイヤーがチェックすることはできない。スモールブラインドを出したプレイヤーがコールするには残りの半額を出す。ブラインドがない場合は、ディーラーボタンの左隣から賭けを行う。
Free photo: Ace, Heart, Playing Cards, Cards - Free Image on Pixabay - 2647558 (3437)

ここからが勝負

プリフロップでの賭けが終わった段階で、2名以上プレイヤーが残っている場合はディーラーは表向きに3枚のカードをテーブルに出す。これを「フロップ」という。この3枚は全てのプレイヤーに共通のカード(コミュニティ・カード)である。この先の賭けは、全てカードが配られた時点で、ディーラー・ボタンの左隣のプレイヤーから時計回りに行われる。
フロップのベットラウンドが終わると、ディーラーは更に1枚の共通カードを開く。このカードを「ターン(またはフォース・ストリート)」と呼ぶ。同様に、ターンにおけるベットラウンドが終了すると、ディーラーは最後の1枚となる共通カードを開く。このカードを「リバー(またはフィフス・ストリート)」と呼ぶ。
リバーにおける賭けが終了した時点で、残っているプレイヤーが2名以上いる場合、勝者を決めるためにショーダウンを行う。

ショーダウンとは

2名以上のプレイヤーが最後の賭けを終えて残っている場合は、ショーダウンを行う。ショーダウンとは、プレイヤーの手元の2枚と場に出た5枚のコミュニティ・カードの中から、もっとも強い5枚の組み合わせを用いて、手の強さを競うことである。手元の2枚は両方使っても、片方だけ使っても、まったく使わなくてもかまいません。最も強い手を持つプレイヤーがポットを獲得します。
ポットを獲得する権利のある最も強い手が、複数のプレイヤーによって持たれた場合は、ポットのチップは均等に分けられて各プレイヤーに支払われる。この際、ゲームで利用している最低単位×対象人数に満たないチップについては、ディーラー・ボタンから遠いプレイヤー(最初にベットラウンドで意思表示を行わないといけないプレイヤー)から時計回りに優先されます。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テキサスホールデムにおけるかけ方のルールを知っておきましょう

テキサスホールデムにおけるかけ方のルールを知っておきましょう

かけ方は大きく三種類に分けられているのでこれらは抑えておきましょう。
Rits | 63 view
改めてポーカーの基本ルールをおさらいしてみた

改めてポーカーの基本ルールをおさらいしてみた

いまさら聞けないことなどもここをみて知ってもらえたらと思います
Rits | 60 view
一番有名なポーカーゲームはテキサスホールデム

一番有名なポーカーゲームはテキサスホールデム

世界的に大流行しているポーカーゲームです。 自分の手札は2枚だけで、全てのプレイヤーが共通で使用するコミュニティーカードと呼ばれている5枚のカードと組み合わせて役を作ります。
Rits | 50 view
だれでも分かるポーカーの遊び方

だれでも分かるポーカーの遊び方

いつでも遊べるようにドローポーカーについて勉強しましょう
Rits | 240 view
楽しめるビデオポーカーについて

楽しめるビデオポーカーについて

写真者でも分かるように作られているビデオポーカーについて説明します。
Rits | 44 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rits Rits