2017年9月7日 更新

テキサスホールデムのトーナメントについて

伝統的に、ポーカーは金銭をチップに両替し、ゲームに参加している当事者間でその得失を競うものであった。ですが、他方で一定額の「参加料」を支払って全員が同量のチップを持ってゲームを行うトーナメント形式のゲームも行われています。

23 view お気に入り 0

トーナメントの道は厳しい

プレイヤーは、手持ちのチップを全て失った時点でトーナメントから離脱し、最終的な順位によって賞金が決まるという形式である。他に、「序盤から中盤にかけてチップを失っても追加で参加料を支払うことにより、チップを追加できるルールや、一定時間経過後に1回に限りチップを追加できるルールなども併用される場合もあります」。

賞金は、プレイヤーが支払った参加料の総額から、主催者の手数料、経費を取ったものとなります。
参加料の表記法としては、賞金として払い戻される額と、主催者が得る手数料に分けて表記されている事が多く、例えば $500+$30 と示された場合、$530 のうち、$500 は賞金総額に加えられ、勝者に払い戻されるが、$30 は主催者の取り分という事になります。

テキサスホールデムのバリエーションがあります

Free photo: Backgammon, Board Game, Fireside - Free Image on Pixabay - 2488089 (3446)

テキサス・ホールデムはフロップ・ポーカーに分類される。フロップ・ポーカーにはテキサス・ホールデム以外にも、以下のようなバリエーションがあります。

・オマハ・ホールデム
テキサス・ホールデムと基本的には同じですが、最初に手札として伏札が4枚配られる。
テキサス・ホールデムと違い、場の5枚のうち3枚、手札の4枚のうち2枚を必ず使わなければいけません。

・パイナップル
テキサス・ホールデムの変形ルール。最初に伏札を2枚配るところを3枚配って、そのうち1枚を捨ててからベットを開始するゲーム。テキサス・ホールデムよりは手役が高くなる場合が多いです。

・クレージー・パイナップル
パイナップルは最初に1枚捨てますが、それをフロップが出てから捨てることにしたゲーム。パイナップルよりさらに高い手役ができやすくなります。

まだまだあります。

・ウォーターメロン
手札伏札を4枚配り、最初に1枚捨ててベット。フロップを見てからさらに1枚捨てるゲーム。パイナップルとクレージーパイナップルを合わせたようなルールです。

・レットイットライド
もともとはカジノ向けに開発されたルールです。最初に伏札を2枚配るところを3枚配って、しかも一枚捨てないで最後のショーダウンまで手札3枚でプレーする。

といったようにさまざまな種類のバリエーションがあります。奥が深いですね。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Rits Rits