2017年9月9日 更新

インターネットカジノ、ビデオポーカーで(出来るだけ)勝つための方法!

何となくやってもたまにしか勝てないのがポーカーです。 逆に言えば、戦略をしっかり覚えてプレイすれば勝てる確率が上がるのもポーカーです。 ここでは、初心者でも覚えておけば何倍も勝ちやすくなる方法を説明します。 しっかりチェックしておいてください!

勝てるHOLDのやり方

まずビデオポーカーにおいて、勝てる確率が大きく変わってくるのがHOLDのやり方です。
これをいい加減にやってしまうと、かなりの確率で負け続けてしまうので、しっかり覚えましょう。

判断方法はこれ↓を見てね!

①フルハウス以上の役完成(完成分をHOLD)
②ロイヤルフラッシュまで後1枚(4枚HOLD)
③スリーカード・ストレート・フラッシュ完成(完成分をHOLD)
④ストレートフラッシュまで後1枚(4枚HOLD)
⑤ツーペア完成(4枚HOLD)
⑥11以上のワンペア完成(2枚HOLD)
⑦ロイヤルフラッシュまで後2枚(3枚HOLD)
⑧フラッシュまで後1枚(4枚HOLD)
⑨10以下のワンペア完成(2枚HOLD)
⑩ストレートまで後1枚・両面待ち(4枚HOLD)
⑪同じ種類で11以上を残す(1~3枚HOLD)
⑫ストレートフラッシュまで後2枚(3枚HOLD)
⑬違う種類の2枚の11以上を残す(2枚HOLD)
⑭同じ種類の10と11 or 10と12 or 10と13を残す(2枚HOLD)
⑮11以上を残す(1枚HOLD)

いきなりこれ通りでプレイしよう!と言われても難しいと思います。
なので、慣れないうちはメモを取っておいて、時間をかけてじっくりプレイするのがオススメです。
ライブカジノじゃなく、ビデオポーカーだと相手は機械なのでずっと待っていてくれます。
だからゆっくりでもできますね。

常にマックスベット

ビデオポーカーの場合はJackpot Poker Multi Handだとジャックポットが搭載されてるので、ジャックポットが狙えるマックスベット以外考えられませんね。
※1-4枚掛けではロイヤルフラッシュでもジャックポットが出ません。

逆に言うと、マックスベットで勝負できない資金でプレイする場合は、ビデオポーカーをやるべきじゃないって事になります。
Free photo: Casino, Chip, Map, Play, Cube, Ace - Free Image on Pixabay - 1761508 (3711)

あとは実践あるのみ!

メモを持ってプレイするのが一番いいでしょう!
じっくりやっていればちょっとずつプレイするのが早くなってくるのと同時に、勝てるようになってくると思います。
所詮は確率の問題なので。(笑
皆さんもビデオポーカーを楽しみましょう!!
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビデオポーカーの種類

ビデオポーカーの種類

数多くあるビデオポーカーの種類を教えていきましょう。
Rits | 1 view
新しいポーカーの「ビデオポーカー」

新しいポーカーの「ビデオポーカー」

ビデオポーカー(Video Poker)とは、ビデオモニターに表示されたトランプでポーカーの役を作るゲームです
Rits | 1 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rits Rits