2017年9月8日 更新

楽しめるビデオポーカーについて

写真者でも分かるように作られているビデオポーカーについて説明します。

プレイの目安

ペイアウトテーブルに従い、正しい戦略は常に一意に決定されますが、その戦略は往々にして複雑なものとなる。ここでは、JACKS OR BETTERにおける極めて単純な指針を述べるにとどめます。
・常にフルベットを行う。これは、ジャックポット(ロイヤル)においてフルベット時のみ特別な恩恵が与えられることが多いためである。フルベットが行えないような場合はデノミの低い機種でプレイすることをおすすめします。また、日本のマシンの場合、フルベット未満の場合は役の抽選にも不利になることがほとんどである。
・4枚揃いのロイヤルは強く考慮する
・たとえローペア(10以下のペア)であってもペアは極力ばらさない。
・4枚揃いのフラッシュは考慮する。
・3枚並んだストレートフラッシュは考慮する。
・アウトサイドストレート(麻雀で言う両面待ち。例えば5,6,7,8HOLDで4と9の2面待ち)は考慮する。
低位のインサイドストレート(麻雀で言う嵌張待ち。例えば3,4,5,7HOLDで6のみの待ち)は考慮しません。
・何も志向できない場合は、J以上があれば適切に残す

演出と操作

現在、日本国内において稼働しているビデオポーカーマシンには、本来のカジノ向け機器とは異なる、「先に結論を決めておいてから、それに当てはまるようなカードを現出させる」ものが存在します。これは、日本のメダルゲーム機器において法の規制が存在しないため、このような形を取った方が営業的に楽ということが考えられます(が、当然客の側から見れば好ましくはない)。また、違法営業ではありますが、いわゆるポーカー喫茶などの賭博ゲーム場においては、上位役の出現を通常時には禁止しておき、店の人間の遠隔操作によってのみ出現するような機種や、設定により一定額以上の配当を禁止する(制限に引っかかると強制的にハズレにする。特にダブルアップのような付加機能に対して適用される)様な機種も存在するようなので気を付けてください。
ただし、特定メーカーの機器においては、基本的にナチュラルディールによりゲームを進行しており、演出などは「カード現出が確定した後に、演出の可否を抽選する」方式を採っているため、上記のような指摘は誤りとなる場合があることにも留意が必要です(前兆やリーチ目などもメーカーによって変わります)。
Free photo: Girl, Topper, Playing Cards, Luck - Free Image on Pixabay - 1339681 (3601)

こういう時はこう考えよう

・AQJxxで何をどう残すか?(QJを残す)複数枚でスートが同じものがあった場合はどうするか?(フラッシュを期待して、スートが同じものを優先して残す)10をどうするか?(非常に微妙である)などの細かな選択がプレイ効率に直結する重要な要素となります。
・J以上もなければすべて取り替える
パーフェクトストラテジ、セミパーフェクトストラテジ(若干の控除率を犠牲にして、覚えやすさとプレイアビリティを優先したもの)などが数十ドル程度で市販されている。また、いくつかの基本戦略はWeb上で無料で公開されています。 反復練習による速度の向上と精度が重要なため、いくつかの練習用ソフトが市販されているので活用してみましょう。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

だれでも分かるポーカーの遊び方

だれでも分かるポーカーの遊び方

いつでも遊べるようにドローポーカーについて勉強しましょう
Rits | 31 view
ビデオポーカーの種類

ビデオポーカーの種類

数多くあるビデオポーカーの種類を教えていきましょう。
Rits | 17 view
新しいポーカーの「ビデオポーカー」

新しいポーカーの「ビデオポーカー」

ビデオポーカー(Video Poker)とは、ビデオモニターに表示されたトランプでポーカーの役を作るゲームです
Rits | 7 view
テキサスホールデムの進行について

テキサスホールデムの進行について

これを知っていないとゲームに参加できないので初心者の人は参考にしてください。
Rits | 8 view
テキサスホールデムにおけるかけ方のルールを知っておきましょう

テキサスホールデムにおけるかけ方のルールを知っておきましょう

かけ方は大きく三種類に分けられているのでこれらは抑えておきましょう。
Rits | 19 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rits Rits