2017年5月26日 更新

【ポーカーって一種類じゃないの!?】カジノでポーカーをより楽しむコツとは?

誰しも一度は聞いたことのあるカジノゲームである「ポーカー」には、実は種類があることをご存知ですか?一括りにしてしまうには勿体無い、同じポーカーでもそれぞれ違う面白さがあるのです。得意なポーカー、好きなポーカーを見つけるコツは、まずはチャレンジしてみることです。よりポーカーを楽しめるコツをご紹介します。

114 view お気に入り 0
Free photo: Cards, Jass Cards, Card Game - Free Image on Pixabay - 627167 (3178)

ポーカーは、実は数種類ある!

ポーカーは、ドローポーカーやホールデムポーカーなど、実は数種類存在しています。このうち、海外カジノでは“ホールデムポーカー”が主流となっています。

しかし、あなたが初心者の場合、いきなり海外でテーブルゲームを楽しむというのは、いささか勇気のいることでしょう。
まずは、スロットマシンで楽しむ【ビデオポーカー】にチャレンジして見ましょう。海外カジノでは「ジャックス オア ベター」という呼称で親しまれています。

基本的にポーカーは「手持ちのカードでいかに強い役を作るか」というゲームですが、それぞれの特徴や楽しみ方を知り、楽しいポーカーライフを満喫しましょう。

それぞれの特徴と楽しむコツ

・ビデオポーカー

冒頭でも触れた【ビデオポーカー】ですが、こちらはテーブルゲームではなくマシンで遊ぶゲームです。
マシンに向き合って淡々とカードの役を揃えていくという内容なので、ルールも簡単なうえに還元率も高いため、初心者向けのポーカーなのです。全くの初心者は、ビデオポーカーで役を覚えていくのも一つの方法です。

大まかなルールをご紹介します。
まずはコインをベットします。すると、5枚のカードが配られますので、その中からチェンジしたいカード、取っておきたいカード(ホールド)を選択します。カードのチェンジは一度しかできません。ディールすると、ホールドしていないカードがチェンジされ、カードに役があれば応じた配当が貰えるという仕組みです。

一点のみビデオポーカー特有のルールがあります。それは「2〜10のカードによるワンペアは、役とみなされない」というものです。つまり、ワンペアでは【J・Q・K・A】のカードだけしか配当金はもらえないので、注意が必要です。

また、ビデオポーカーを楽しむコツとしては、「マシン選び」が重要になってきます。ビデオポーカーは「ジャックス オア ベター」という名前の横に、9/6や8/5などの数字が表記されています。
これは、“ペイアウト率”と呼ばれるもので、つまり「勝った場合、掛け金に対してそのくらい支払われるのか」という数値です。もちろんペイアウト率は高い方が多く支払われるので、できるだけ高い数値が表記されているマシンを選ぶことがポイントです。

・ドローポーカー

日本でカジノは禁止されているので遊べませんが、賭け事なしのトランプゲームとしては【ドローポーカー】が日本で最もポピュラーなポーカーです。2人〜7人の複数人で行うテーブルゲームで、一般的にはジョーカーを含めた53枚のカードを使用します。

プレイヤーが参加料を払うと、ディーラーが各プレイヤーに5枚のカードを裏向きにして配ります。余ったカードは“積み札”として中央に置きます。
カードを確認し、ディーラーの左隣のプレイヤーからアクションをしていきます。ベット(チップを賭ける)、チェック(そのまま様子見をすること。しかし、他のプレイヤーがベットした場合は不可)、コール(前のプレイヤーと同じ額を賭ける)、レイズ(前のプレイヤーよりも多い額を賭けること)、フォールド(ゲームから降りる)から選択します。
フォールドしなかった人は、同じ順でドロー(チェンジしたいカードを捨て、その分積み札からカードを引く)します。
もう一度順番にアクションしたら、全員が手札を公開し、一番役の強い人がすべてのチップをゲットできます。

「ポーカーフェイス」という言葉がある通り、ポーカーは心理戦が醍醐味です。強いカードが手元に回ってきたこと、手持ちのカードが弱いことを悟られないように、表情を崩さずに淡々とプレイすることが勝利の秘訣です。
また、むやみやたらに強気に攻めるのは危険ですが、保守的になりすぎるのも「慣れてないな」と周囲のプレイヤーに思われてしまいます。他のプレイヤーをよく観察し、ここぞ!という時には思い切って勝負に出てみましょう。

・ホールデムポーカー

日本ではあまり馴染みのない【ホールデムポーカー】ですが、実は海外のカジノでは主流です。世界標準とも言われている「テキサスホールデムポーカー」についてご説明します。

プレイ人数は2人〜10人で、使用するカードの枚数はジョーカーを除いた52枚です。
ドローポーカーと違うところは、まず手札が2枚であることと、「コミュニティカード」という名称の中央に置かれる5枚のカードの存在です。そのコミュニティカードは相手も使用することのできる“共通カード”で、そのコミュニティカード5枚と手札2枚の計7枚の中から選んだ5枚で勝負し、一番強い役のプレイヤーが勝者になるというのがホールデムポーカーです。

ホールデムポーカーでは、ベットするタイミングが4回あります。一番最初のタイミングは手札2枚が配られ、コミュニティカードは5枚とも伏せられている状態です。2回目はコミュニティカードが3枚開示された時です。残り2回は、4枚目と5枚目のカードがそれぞれ開示されるタイミングです。

ホールデムポーカーの一番の醍醐味は、最後まで戦局がわからないところです。「最後の最後に大逆転勝利!」という可能性もあり、スリリングな面白さが味わえます。
ベットする4回のうちどこかでゲームを降りることができますが、その時はもちろん降りた方が負けで、残ったプレイヤーが場に出ている全てのチップをゲットすることができるのです。
強気にベットし続けるか、リスクを回避し打撃の少ないうちにゲームを降りるか、ポーカーならではの心理戦が楽しめます。

ルールやコツを覚えたら、次は心理戦を楽しもう

ポーカーはルールこそ難しくありませんが、真剣にテーブルゲームとして楽しむには、カードの役や進行、ポーカー独特の“クセ”や“コツ”に慣れる必要があります。相手との真剣勝負なので、おぼつかない手元だとすぐに餌食になってしまいます。それなりに回数を重ねてスムーズに遊べるようになったら、強気な心理戦を楽しみましょう。
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カジノの奥義!こんな種類のポーカーがあるって知ってましたか?そのコツと特徴とは?

カジノの奥義!こんな種類のポーカーがあるって知ってましたか?そのコツと特徴とは?

ポーカーはカジノの中でも主役になるゲームです。そのため、世界中にポーカーファンがいます。そんなポーカーが大好きな人の間で流行っているポーカーの種類をご紹介します。コツを掴んで楽しみましょう!
dr.そら豆 | 88 view
【海外カジノで遊んでみたい人必見!】ブラックジャックで勝率を上げるコツ

【海外カジノで遊んでみたい人必見!】ブラックジャックで勝率を上げるコツ

日本ではチャレンジできない“カジノ”ですが、だからこそ海外へ遊びに行った時に「やってみたい!」と思っている人もいるのではないでしょうか?初心者でも比較的遊びやすい“ブラックジャック”で勝利するコツをお教えします。
まき | 177 view
なぜ"勝つ人"と"負ける人"で差が出る?カジノで勝つ人の共通点と勝ち越しのコツ

なぜ"勝つ人"と"負ける人"で差が出る?カジノで勝つ人の共通点と勝ち越しのコツ

せっかく海外でカジノを楽しむなら、勝ちたいと思うのが普通でしょう。しかし、多くの人が負けを経験します。実際に億万長者も生まれる中で、どうして自分は負けてしまうのか。ここでは勝つ人負ける人の違いや、勝ち越しのコツについてご紹介します。
明日香 | 97 view
【初心者にオススメ】カジノであまりお金が無くても遊べるゲームやコツはある?

【初心者にオススメ】カジノであまりお金が無くても遊べるゲームやコツはある?

憧れのカジノにやっといける!でもせっかくの海外旅行だから観光もしたいし、あまりカジノで使えるお金はない。そんなあなたにオススメの、少ない資金から遊べる初心者にオススメのカジノゲームのコツをご紹介します!
ザンギエフ | 40 view
カジノのポーカーにはどんな種類のものがあるの?

カジノのポーカーにはどんな種類のものがあるの?

一言でポーカーといっても様々な種類のものが存在します。世界各地のカジノでは、新たなスタイルのポーカーが生まれ、より近代的なルールでゲームを楽しむことができます。今回は世界で古くから伝わるポーカーや近代的なポーカーまで様々な種類のポーカーをご紹介します。
サラリー | 352 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まき まき