2017年9月8日 更新

リバティ・ベルと3リールマシンのスロットはいつから?

実は今目にしているスロットが出たのは120年ほど前といわれているのは知っていましたか??

現代のスロットの基本となりました

1898年、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコでスロットマシンの開発を行っていたドイツ系移民のチャールズ・フェイ (Charles August Fey 1862-1944) は、3つの回転輪を持ち、ゲーム結果の判定及び賞金の払い出しを自動的に行う機能を備えた初めてのリールマシン「カード・ベル」というものを発明した。翌1899年、フェイはそのメカニズムを搭載した「リバティ・ベル」機をサンフランシスコのサルーンに設置して売上を折半する営業方法を採り、大きな成功を収めた。フェイはこの機械を販売しなかったため、そのメカニズムの秘密は長い間明らかにされなかったが、1905年、あるサルーンに設置されていたリバティ・ベル機が何者かによって盗み出される事件があり、その後に、当時のスロットマシンメーカーの最大手であるミルズ社より、「ミルズ・リバティ・ベル」という名の、フェイの発明に酷似するリールマシンが売り出された。ミルズ社はその後も精力的に類似のリールマシンを開発、販売し、他のスロットマシンメーカーもこれを模倣した製品の製造を始めたため、フェイが独占していた頃にはサンフランシスコに留まっていた3リールのリールマシンは全米を席巻するようになり、やがては世界に広まることとなった。フェイの「リバティ・ベル」が規定したリールマシンの基本要件は、現代に至ってもなお変わらないエポックであるとして、サンフランシスコにあったフェイの工房の跡地には、現在、カリフォルニア州が認定する937番目の史跡として記念碑が建てられています。
Free illustration: Slot Machine, Gambling, Gaming - Free Image on Pixabay - 2304135 (3566)

シンボルや絵柄の出現

フェイの「リバティ・ベル」で使用されていたシンボルは、ベル、星、ハート、スペード、ダイヤモンド、蹄鉄の6種類でした。現代においてはスロットマシンの代名詞でもあり、時としてギャンブルゲーム全体の象徴にもなるフルーツシンボルが登場するのは、1910年にミルズ (Mills) 社が開発した「リバティベル・ガム・フルーツ」が最初である。これは、ギャンブル機との指弾を避けるために機械の横に付け加えたガムの自販機に因んで採り入れたもので、この時に使用されていたシンボルは、ベル、ガムの商標、プラム、オレンジ、レモン、スペアミントの6種類であった。ミルズ社は、同じ年に引き続きガムの自販機が付かない「オペレーターズベル」を製造し、その際にスペアミントシンボルはチェリーシンボルに差し替えられました。
これらフルーツシンボルはその後もリールマシンの標準的なシンボルとして使用され続け、ガムの商標もBARシンボルに変化し、現代まで受け継がれてきた。しかし、1980年代の中頃からは、フルーツシンボルは、ダブルバー(「BAR」シンボルを上下に二つ重ねた絵柄)、トリプルバー(同じく上下に三つ重ねた絵柄)などのBARシンボルのバリエーションや「7(セブン)」シンボルなど、より序列がわかり易いシンボルに置き換えられる傾向が強まり、チェリーシンボル以外のフルーツシンボルを使用する機種は少なくなっているようです。

最近のスロットといえば

ビデオスロットにおいては、本来は「ポーキーマシン (pokie machine)」と呼ばれるオーストラリアのレギュレーションに沿うための仕様である、トランプのランクを示唆する A(エース)・K(キング)・Q(クィーン)・J(ジャック)・10(テン)の文字シンボルを含む5リールのビデオスロットのスタイルが、オーストラリアの有力なスロットマシンメーカーの台頭とともに、北米などオーストラリア以外の市場でも広まっています。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本とカジノのスロットは全然別物と考えてください

日本とカジノのスロットは全然別物と考えてください

日本のスロットとは全く毛色が違うのがカジノのスロットになるので知っていて損はないと思います。
Rits | 8 view
カジノの王道!スロットマシン

カジノの王道!スロットマシン

カジノの王様ともいえるスロットマシン、それらについて少しでも知ってもらえたらと思っています。
Rits | 12 view
スロットはカジノの華!その楽しみ方や醍醐味とは?

スロットはカジノの華!その楽しみ方や醍醐味とは?

スロットはカジノの華とも呼ばれます。あの煌びやかなマシンの数々はまさに「カジノ!」という感じがしますよね。テーブルゲームとは違って、一人で伸び伸びとプレイできるのも魅力です。そんなスロットの醍醐味や楽しみ方をご紹介していきましょう。
サラリー | 17 view
カジノスロットでオススメの攻略テクニックと注意点をご紹介します

カジノスロットでオススメの攻略テクニックと注意点をご紹介します

カジノのスロットで遊ぶときにどうやってマシンを決めていますか?ただなんとなく雰囲気で決めている、という方も多いでしょう。スロットで遊ぶ時は攻略方法や注意点を知ってゲームをする方が大金が当たるチャンスがアップします!
ザンギエフ | 19 view
カジノのスロットマシンでオススメの台や楽しみ方ってあるの?

カジノのスロットマシンでオススメの台や楽しみ方ってあるの?

カジノといえばスロットマシン!というイメージが強いですよね。テーブルゲームはなんだかルールが難しそうでとっつきにくい、とい方はぜひスロットマシンで遊んでみましょう。オススメの台やスロットマシンの楽しみ方を見ていきましょう。
ザンギエフ | 52 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rits Rits