2017年9月7日 更新

カジノであるレッドロックってなに??

あまりなじみのない言葉ですが近年アメリカやカナダなどで流行しているゲームです。

17 view お気に入り 0

そもそもどんなゲーム?

レッドドッグ(red dog)とはカジノで行われるトランプゲームの一種です。近年、アメリカやオーストラリア、カナダなどで行われているカジノゲームである。
なぜこの名前になったか、またなぜこのような単純なルールになったのか分かっていないが、名前の由来に関してはこのゲームが盛んに行われていたバーに赤毛の犬がいて皆に可愛がられていたからという説があります

・基本ルール

このゲームでは、最初に二枚のカードをディーラーが配った後、三枚目のカードの数字が最初の二枚のカードの数字の間に入っていればプレイヤーの勝ちとなり配当が行われます。 使用するのはトランプ一組52枚でジョーカーは利用しません。最高位がAで最低位は2となります。スートは一切考慮しません。

ゲームの流れ

Free photo: Bulldog, Puppy, Dog, Pet, Sweet - Free Image on Pixabay - 1047518 (3411)

まず、プレイヤーはベットを行う。ベッティングボックスには手前に"BET"、奥に"RAISE"と書かれているが、最初はBETに賭け金を置きます。
全員のベットが終了すると、ディーラーは手元に二枚のカードを表向きに配る。ゲームを行うテーブルには三枚分のカードを置く枠が書かれていますが、ディーラーは左と右にカードを配る。この二枚のカードの数字に応じて以下の流れが変化する。
1.二枚のカードの数字が隣り合う場合(コンセクティブ)
9と10のように二枚のカードの数字が隣り合う場合は三枚目にどのカードを引いても最初の二枚の間に入る事は出来ません。よって三枚目のカードは配られずにその場で引き分けとなり賭け金は返還されます。
2.二枚のカードの数字が同じ場合(ペア)
二枚のカードの数字が同じ場合は三枚目のカードも同じ数字ならプレイヤーの勝ちになります。この場合の勝ち方をレッドドッグと呼びます。もし三枚目のカードの数字が最初の二枚と異なる場合は引き分けになります。
3.二枚のカードの数字が異なり、隣り合っていない場合(スプレッド)
二枚のカードの数字の間に入る数字の数を付けて「スプレッド X」と呼ぶ。例えば二枚のカードが2と4だった場合は3の一個だけしか入る事が出来ないので「スプレッド1」、3と8の場合は4〜7が入るので「スプレッド4」、最大は2とAの二枚だった場合で「スプレッド11」となる。

そしてゲームスタート

この場合、プレイヤーはBETに置いた額と同額をRAISEに置いて賭け増しをすることも出来ます。賭け増しをするかど
うかについて全プレイヤーが意思を表明した後、三枚目のカードが配られます。このカードの数字が最初の二枚の間に入っていればプレイヤーの勝ちとなりスプレッドの状況に応じて配当が行われます。入らない場合(二枚のいずれかと同じ数字も含む)はプレイヤーの負けとなりベットは没収されます。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Rits Rits