2017年5月23日 更新

【カジノの女王】ルーレットとは?ゲームの魅力を大解剖!

カジノで花形のゲームと言えば「ルーレット」。巨大な回転盤に正装したディーラーの姿は、THEカジノと言わんばかりのオーラを放っています。とはいえ、敷居が高いと思っているプレイヤーもいますよね。そこで、今回はルーレットの魅力に迫ります。

35 view お気に入り 0
Free photo: Roulette, Chips, Casino, Gambling - Free Image on Pixabay - 298029 (1817)

ルーレットの配当金の還元率(RTP)とは?

・アメリカンルーレット

「0」「00」があるアメリカンルーレットではファイブベットという賭け方が可能。
この場合、還元率は92.11%です。それ以外であれば94.7%です。

・ヨーロピアンルーレット

全てのベットで97.3%です。

どうして同じルーレットで、RTPに差が出てしまうのでしょうか。
回転盤には0、00、1、2、……36と書かれています。ですが、これはアメリカンルーレットのみで、ヨーロピアンルーレットには00という数字は記載されていません。
もともとヨーロピアンルーレットの0から始まるスタイルが一般的でしたが、現在カジノで置かれている回転盤の多くはアメリカ式になっています。

ここからもも分かるように、数字が一コマ多いということはそれだけ組み合わせが増えるため、勝率も下がります。それが、上記で示したものという訳なのです。

配当倍率を知って大儲け?!

遊び方は、ディーラーが回転盤にボールをはじき入れて、ボールが落ちた穴に書かれている数字を当てるという至極シンプルなので説明がいらないほどですが、このどこに賭けるのか?が大きく注目されます。
チップを置く場所で配当金額が変わるため知っていると大儲けできる可能性も高まります。
○ 赤か黒かで選ぶ…2倍
○ 1~18か19~36かで選ぶ…2倍
○ 奇数か偶数かで選ぶ…2倍
○ 横にならぶ1~12、13~24、25~36で選ぶ…3倍
○ 縦軸で見て右か 左か中央かで選ぶ…3倍
○ 横2列分の6つの数字から選ぶ…6倍
○ 角にある4つの数字から選ぶ…9倍
○ 横列の3つの数字…12倍
○ 隣の数字…18倍
○ ピンポイントで当てる…36倍

これは賭けた金額を抜いた表記になります。
ルーレットでは自分が賭けたベットもちゃんと戻ってくるのが基本ルールです。

花形のゲームを体験してみよう!

賭けるベット数やどこに賭けるのかによって、明暗が分かれるのがルーレットの面白さですが、確実にジワジワ攻めるというやり方もあります。
ヨーロピアンルーレットであれば、回転盤を4つの区分に分けて、1区分すべてに賭けるという方法があります。ベット数は少な目に設定しておけば、大損をすることがないやり方です。

とはいえ、どこでルーレットを楽しむことができるのでしょうか。
もちろん日本では違法なため見つかれば罪に問われてしまいます。
そこでオススメなのが海外カジノです。海外カジノであれば合法なので、ルールの中で思い切り遊ぶことができるでしょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ルーレットの戦略は実は奥が深いものが多かった

ルーレットの戦略は実は奥が深いものが多かった

意外と適当にかけてしまいがちですが、抑えるポイントを知っていれば価値を見込める可能性も上がるものです。
Rits | 367 view
ルーレットの倍率を調べてみたら奥が深かった

ルーレットの倍率を調べてみたら奥が深かった

基本的にどのようなベットをしても控除率が一定になるようオッズが調整されているのをご存知でしたか?
Rits | 538 view
いまいちわかりにくいルーレットのかけ方を学ぼう

いまいちわかりにくいルーレットのかけ方を学ぼう

赤と黒と数字、一見簡単そうですが勝とうと思うなら色々と知っていた方がいいです。
Rits | 246 view
カジノの定番といえばルーレット!

カジノの定番といえばルーレット!

ルーレット (フランス語: roulette)とは、回転する円盤に球を投げ入れ、落ちる場所を当てるカジノゲームです
Rits | 73 view
カジノでルーレットゲームをする前に知っておきたい豆知識はこれだ!

カジノでルーレットゲームをする前に知っておきたい豆知識はこれだ!

カジノではルーレットをしてゲームを楽しみたい!と思っている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひ知っておいてほしいちょっとした豆知識があります。知っておくだけでちょっと自慢できたり、ゲームで優位に立てたりと行ったこともあるかもしれません。初心者のためのルーレット豆知識をぜひ活用してくださいね。
美緒 | 278 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dr.そら豆 dr.そら豆